接続の方法は?

インターネットへの接続を確認しましょう

家(事務所)にあるパソコンは、インターネットへどのように接続されているのか?
ホームページを見たり、メールを送ったりは、どのようなサービスから成り立っているのか?

何にお金を支払っているか分かれば、見直すところがハッキリします。

回線の接続

回線の接続とは、物理的な通信線や電波で接続される通信路です。ホスティングサービスは、メールの利用やホームページを公開できるようにするプログラムとデータを記憶する領域の提供です。回線の接続と、サービスの提供について図を見てみましょう。

回線接続とホスティングサービスの図

インターネットも電話と同様、回線の接続と同時に電話番号に当たる「IPアドレス」をもらわなければなりません。インターネット接続の分かり辛いところは、電話線や光回線でNTTと接続しているにもかかわらず、NTTから「IPアドレス」がもらえないところにあります。

IPアドレスは、プロバイダ(ISP)と呼ばれる業者と契約してもらいます。インターネット接続の支払いは、NTTとプロバイダの2社になります。ただし、接続するための機器(モデム)のレンタルは、NTTからなのかプロバイダからなのかにより支払う先が異なります。

さて、ここにも分かり辛い点があります。それは、Niftyのような大手プロバイダは、NTTに支払う料金を一括して徴収することです。利用者側から見れば、支払先を1か所にできるので都合は良いですが。

回線の種類

居住する地域によりますが、総じて地方へ行くほど選択肢が狭められます。が、電話さえつながっていれば、インターネットへの接続は可能です。その中で、ファクシミリのような音声通話やISDNの話しは割愛します。

電話線を利用する方法は、ADSLがあります。分かり辛いのは、NTTの電話線を利用するのですが、NTTだけでなく、他のプロバイダがNTTから 回線を借りて、ADSLを提供する仕組みがあることです。利用者からみれば、選択肢を与えられると同時に、どこがいいか迷うことになります。

高速通信が得意の光回線を利用するには、電話線と同様、宅内に光回線を引き込まなければなりません。光回線が利用できるかは、光回線が近所に来てい るかどうかにかかります。光回線の提供は、ADSLのように回線を借りて提供する商品もあれば、NTT以外の回線会社もあります。

宅内に引き込まれている線と言えば、CATV(ケーブルテレビ)があります。このCATV局がインターネットの接続サービスを提供していれば、インターネット接続することが可能です。IPアドレスは、CATV局がプロバイダの役目として提供してくれます。

最近注目されているのは、無線でデータ通信が可能なイーモバイルではないでしょうか?docomoの携帯を利用してPCでインターネットを利用する と、とんでもない額が請求されるかも知れませんが、イーモバイルなら定額で利用可能です。CATV同様、イーモバイルがプロバイダの役目となります。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。