パソコンは?

パソコンは、外から攻撃される場合と中から攻撃される場合の2つがあります。特にウィルスやマルウェアなど、中からの攻撃を防ぐのは容易ではありません。先ずは、感染しないようにすることが大事です。

ウィルスは、Windowsパソコンが多いため、Windowsで動作するプログラムが標的になり易いです。が、Macであろうと他の製品であろうと、狙われれば危険度は変わりません。

さらに、ウィルスばかりでなくフィッシングなど、使用者の不注意により感染や事故を招くこともあります。少しでも安全に利用するための注意点を、洗い出してみます。

最初にこれだけは絶対に、という点を上げると、仕事で使うパソコンと遊びで使うパソコンは必ず分けて下さい。そして会社のパソコン(起動中)が接続されているLANに、遊びで使うパソコンは絶対に接続しないで下さい。

わずかなことでリスクが減らせます

仕事でパソコンを利用する際、以下の点に注意するとよいでしょう。

  • 訳もわからずフリーソフトをインストールしてはいけません。
  • 訳もわからずダウンロードしてはいけません。
  • 危険なサイトのアクセスに利用してはいけません。
  • 特に銀行や信販会社などアクセス中に、他のサイトをアクセスしてはいけません。
  • 知らない差出人のメールを開いてはいけません。
  • 付録のCD-ROMや他人のUSBメモリの接続なども避けましょう。

例えば、長いパスワードなど一旦メモ帳に入力し、カットアンドペーストで貼り付けたりしてませんか?この一時登録されたデータは、抜き出される可能性がありますのでご注意ください。

アップデートは重要です

Microsoft社では、セキュリティホールを修正したアップデートを毎月行っております。Windowsに限らず、Flashなどインターネットで利用されるプログラムは、必ず最新の状態であるようにアップデートを行なって下さい。

また、対策ソフトも是非利用して下さい。外からの攻撃に対しては、Windowsファイアーウォールが標準で利用されてます。またインターネットへの接続は、モデムにパソコンやハブを直接接続するのは避け、ルータを利用するようにします。ルータには、不要なデータが外に出ていかないように、また、外から不要なアクセスができないような仕組みが備わっています(ただし、古いルータはデフォルトで設定されていないモノがあるようです)。

ウィルスやマルウェア、スパイウェアに対しては、Windows Vistaの場合、Windows Defenderが標準で利用されてます。また最近、Microsoft社から Security Essentialsが提供されております。こちらは、メールの添付ソフトもチェックしてくれるので、インストールをお勧めします。

ウイルス、スパイウェア、マルウェア対策 | Microsoft Security Essentials

釣られないように注意しましょう

もう、技術があるとかないとか関係ありません。銀行やサービス提供会社を騙ったところから登録内容の更新とかで誘導され、見たことのあるログイン画面が表示されれば、いつものように操作してしまいます。難しいことですが、どこに接続されるかリンクアドレスなど、確認できればより安全です。

それでも、新型インフルエンザのように、新しいタイプのPCウィルスなどに感染してしまうことがあります。しかしながら、重要なデータが漏洩しなければ、あるいはデータを壊されてもバックアップが存在すれば、被害も最小限で済みます。そのとき、再インストールで済めば OKだと考えます。


  1. コメントはまだありません。

  1. トラックバックはまだありません。