Server Notes

VALUE-DOMAINで取得したドメインのサブドメインをさくらインターネットに振り向ける

VALUE-DOMAIN でドメインを取得し、自宅の PC(Windows XP) 上で Apacheサーバーを立てて開発用に利用している。サブドメインは、Apache の Virtual 設定でサイトを分割して利用し、データベースは MySQL や PostgreSQL など開発作業で動作確認したり、また FTP サーバーを利用してファイル交換したりと大変便利である。

PC の OS、Windows XP には多くのサーバー用フリーソフトがあり、メールを除いてほとんど困ることはない。そう、今はフリーのメールがなくて少し困っている。そこで、契約中のさくらインターネットにサブドメインを設定し、VALUE-DOMAIN で取得したドメインのサブドメインをさくらインターネットへ振り向けられれば、ウェブサイトばかりでなくメールも利用できて利用範囲が広がるぞ、と思ったわけだ。

ここでも多くの先人達がいろいろと情報を残してくれてるので、ありがたく活用させていただきました。

以下の箇条書きは自分用の備忘録です。
・さくらインターネットは共用レンタルのスタンダード契約
・VALUE-DOMAIN で取得したドメイン名は、mydomain.com
・設定したいサブドメインは、sub.mydomain.com

  • さくらインターネット側
    • サーバコントロールパネルから[ドメインの設定]-[新しいドメインの設定]を実行
    • 「JPドメインの場合」という肩書のある[ドメインの追加へ進む(移管せず使う)]を実行
    • 「他社で取得された独自ドメインへのサブドメインの追加」で[sub.mydomain.com]を設定
  • VALUE-DOMAIN側
    • ユーザーコントロールパネルから[メニュー]-[DNSレコード/URL転送の変更]を実行
    • 変更するドメイン「mydomain.com」を選択する
    • 設定フィールドに「ns sub ns1.dns.ne.jp.」と「ns sub ns2.dns.ne.jp.」を設定保存

これでしばらくすると、「sub.mydomain.com」がさくらのサーバー上で利用できるようになった。

メールを利用する際、Webメールを利用すると Return Path など 「アカウント名@契約名.sakura.ne.jp」となるので、気になる場合は注意が必要。Becky! (Win用メールクライアントソフト)でメールを送ると、しっかりと「アカウント名@sub.mydomain.com」になっていた。

One comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です