遅ればせながらQRコードをGoogle Chart API を使って表示してみた

QRコードを表示するためのプログラムを調べていた5年ほど前と比較すると、今はツールが豊富に供給され、手軽に表示できるようになったなぁ、と感心する。中でも Google Chart API を使ったこの方法が、一番お手軽ではないだろうか。

試しに、携帯のメーラーが起動できるか docomo用のコード

  MATMSG:TO:mt-systems@mt-systems.jp;SUB:docomo;;

を、Google Chart API で以下にQRコード表示してみる。



首尾良く表示、携帯のメーラーは起動しましたか?実は docomo の携帯持ってないので、自分は確認できてません(T_T)。

上の表示の指定は次の通り。

<a href="mailto:mt-systems@mt-systems.jp">
	<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&amp;chl=MATMSG%3ATO%3Amt-systems%40mt-systems.jp%3BSUB%3Adocomo%3B%3B&amp;chs=180x180" width="180" height="180" />
</a>

Google Chart API のアクセスは「img」タグを利用する。データはURLエンコードして渡す。漢字文字を利用したい場合は、docomo では Shift-JIS を利用するよう指示している。一方、Google Chart API はデフォルトで UTF-8 となっている。そこで、漢字を利用するなら API へのパラメータに「choe=Shift_JIS」を渡せばいいだろう。

docomo用の携帯メーラーに本文もQRコードで読み取りたい場合、上のコードの末尾にある2つの「;;」の間に、「BODY:(メッセージ);」を挿入すればよい。

以上、資料は以下の通りです。

KDDI au の場合

<a href="mailto:mt-systems@mt-systems.jp">
	<img src="http://chart.apis.google.com/chart?cht=qr&amp;chl=MAILTO%3Amt-systems%40mt-systems.jp%0D%0ASUBJECT%3Aau%0D%0A&amp;chs=180x180" width="180" height="180" />
</a>



うーん??? 「SUBJECT:au」 の後ろの改行コードがないようだが、これを読み込むとどうなるのだろうか?

au の資料は


コメント 停止中