jQuery

JavaScriptのreplaceで正規表現と変数利用

CMS(WordPress)の管理画面上で、フォームの項目をユーザーがボタンを押して追加する動作を、jQueryを使って「DOMをコピーしよう」と考えたのは名案だと思った。ところがタグに付けられた id 属性や name 属性が重複するため、支障がある事に気付いた。この記事は、それを書き換えるのに利用した JavaScript の replace と正規表現による置き換えや、Windows 操作の Tips 備忘録です。

replace の引数、文字列と正規表現

date = "2010-08-20";
when = date.replace("-", "/");
alert(when);

を実行すると、「2010/08-20」と置き換えられる。そこで

when = date.replace(/-/g, "/");

と、修飾子gを使って正規表現で実行すれば、希望通り「2010/08/20」が得られる。

それでは、「-」を変数 c とした場合、どうすればいいのだろう。

date = "2010-08-20";
c = "-";
when = date.replace(eval("/"+c+"/g"), "/");
alert(when);

ところで日付データが「2010/08/20」で、URIエンコードで「2010%2F08%2F20」としたいときは?

date = "2010/08/20";
c = "\\/";
uriwhen = date.replace(eval("/"+c+"/g"), "%2F");
alert(uriwhen);

エスケープする文字の前にエスケープ文字をエスケープすれば、即ち「¥¥」と重ねておけばいいようだ。

alert 表示が画面サイズになったときの終了方法

変数の内容を確認するため alert() 表示したら、うっかり画面一杯表示されてしまい困ってしまった。
alert表示が画面一杯、あらら

[alt]+[ctrl]+[del]でタスクを終了すると、ブラウザの終了で他に開いているページまで(T_T)ノシ てなことになる。

カレントウィンドウの終了は、[alt]+[space]でウィンドウタイトルのメニューを開いて終了すればよい。

Be the First to comment.

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です