モバイルポスト

阿弥陀岳中央稜の取り付きは分かり難い

二俣を左へ入り、しばらくすると右斜面の登りになった。ここで左俣と右俣を間違えたことに気付き、二俣へ戻る。地図を確認し、右俣の河原をしばらく進み、踏み跡の分からないような左側の斜面に取り付く。四区と記された赤ペンキを頼りに急登すると尾根にでた。

画像中央が阿弥陀岳中央稜の末端、左側が立場山から阿弥陀岳南稜に通じる。右側は御小屋尾根。

Be the First to comment.

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です