起業家とは自ら扉を開く者のことと改めて思う

言葉では解るのだが、実践しようとするとこれほど難しいものはない。投資するためのお金もないのに、どうすれば起業できるのか?

資本があれば、コンビニのようなフランチャイズ店を経営することが可能かもしれない。医療技術や理容技術があれば、医院なり美容院などを経営する事も可能かもしれない。

それではサラリーマンが、例えば製造業の工場従業員の人が起業できるのだろうか?あるいは自動車ディーラーに勤める人が起業できるのだろうか?

自分が思うに、大事な点が2つあると感じる。

その事をたった6分の動画で教えてくれる、アマゾンのページではあるけどとても素晴らしいので必見だ。

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義


コメント 停止中