WordPress

WordPress wp_list_pages() でカスタムフィールドの値を表示する

サイドバーやフッターに、ページのリンク先を階層表現でリスト表示するテンプレート関数、wp_list_pages()がある。ul タグや li タグと共に、a タグでページのタイトル名がリンク表示される。

ところで自分が作成したプラグイン Download Leader を使って、ページに張られているダウンロードファイルのダウンロード数を前述の階層表示リンクに含めたい、というご要望をいただいた。

それを実現するために、先ずは登録されたダウンロードファイルのダウンロード回数だけを取得する機能を、プラグインに新たに追加した。後はダウンロードが張られているページのカスタムフィールド(例えばキー名をfilenameとする)にダウンロードのファイル名を登録し、WordPress ループ内でそのページから get_post_meta() を使ってファイル名を取り出し、プラグインの回数を取得する API 関数をコールすればよい。

WordPress ループの例は次の通りだ。

<?php
	if (have_posts()) :
		while (have_posts()) :
			the_post();
			echo mtsdl_download_data(get_post_meta($post->ID, 'filename', true), 'count');
		endwhile;
	endif;
?>

さて本題に戻る。

wp_list_pages() で表示されるページのリンク中に、そのページに関連するデータをダイナミックに含めるにはどうしたらいいのだろうか?具体的には、カスタムフィールドに登録されたファイル名からダウンロードされた回数を取得し、タイトル名の後ろに表示する方法だ。

get_page_children() を使って、自分で ul、li、a タグを出力する方法もあるが、もっと簡単に操作する方法があった。それは、タグを出力するクラスモジュールをオーバーライドする方法だ。

wp_list_pages() の引数に「walker」というパラメータがある。このパラメータにオーバーライドしたインスタンスを渡せばよい。タグを出力するクラスは「Walker_Page」で、「wp-includes/classes.php」にある。

このクラスのメソッドを眺めて見ると、リンクを出力するメソッド「start_el()」がある。そのメソッドには、タイトルの後ろに wp_list_pages()のパラメータ「link_after」で指定された文字を付加している行がある。これに細工をすれば、タイトルの後ろにダウンロード回数を挿入できそうだ。

Walker_Pageクラスを継承するクラスをテーマの functions.php に登録し、そのクラスで start_el() メソッドをオーバーライドする。

<?php
class Mts_Walker_Page extends Walker_page {

	function start_el(&$output, $page, $depth, $args, $current_page) {
		$args['link_after'] = ' (' . mtsdl_download_data(get_post_meta($page->ID, 'filename', true), 'count') . ')';
		parent::start_el($output, $page, $depth, $args, $current_page);
	}
}
?>

後は、テンプレートで wp_list_pages() を呼び出す直前に Mts_Walker_Page のインスタンス化を行い、wp_list_pages() に渡せばよい。

	<?php
		$mts_walker = new Mts_Walker_page;
		$children = wp_list_pages(array('child_of'=>$post->ID', 'echo'=>0, 'walker'=>$mts_walker));
		if ($children) { ?>
			<ul>
			<?php echo $children; ?>
			</ul>
		<?php }
	?>
 

ところでこの walker であるが、ビルトインで次の5つがあるそうだ。参照ブログ

2 comments

詳しい説明をありがとうございます。
早速functions.phpに以下を追加して、

class Mts_Walker_Page extends Walker_page {

function start_el(&$output, $page, $depth, $args, $current_page) {
$args['link_after'] = ' (' . mtsdl_download_data(get_post_meta($page->ID, 'filename', true), 'count') . ')';
parent::start_el($output, $page, $depth, $args, $current_page);
}
}

カウント数を表示したいページにてMts_Walker_Page のインスタンス化の部分のコードを書いたのですが、ページが白くなってしまいました。何がいけなかったのでしょうか。

先日書き込んだページのソースがちゃんと表示されていなかったのでもう一度こちらで書きこませていただきます。
以下のようにして、子ページの一覧を表示しています。
<?php
$children = wp_list_pages('title_li=&show_date=modified&child_of='.$post->ID.'&echo=0');
if ($children) { ?>
<ul>
<?php echo $children; ?>
</ul>
<?php }
?>

PHPを勉強し始めたばかりでよくわかっていなくてすみませんが、なにとぞよろしくお願いいたします。

@Gangdise さん

ページが白く表示される場合、入力したプログラムのどこかに誤りがあり、エラーになっていると思います。多くの場合、「{},(),[],”,””,;」など記号の入力ミスが多いので確認してみて下さい。

どんなエラーか見たいとき、WordPressをインストールしたディレクトリに「wp-config.php」というファイルがあるので、そこでデバッグモードを「true」にするとエラー表示されるようになります。

define('WP_DEBUG', true);

エラー確認後は速やかにデバッグモードを無効にして、サイトがハッキングされないようにしましょう。

作業の順番として、先ずは「functions.php」にclassを追加して画面が白くならないか確認するといいでしょう。

白くならなければ、テンプレートの「wp_list_pages()」を呼び出す前に「$mts_walker=new Mts_Walker_page;」でインスタンス化します。

次に、wp_list_pages()に渡す引数を例のように配列「array()」を使った式に代えて見て下さい。このとき「walker」パラメータはまだ追加せず、それまで通り動作するか確認して下さい。

そして最後に「walker」のパラメータを与えてみます。

以上のように、一歩一歩順番に作業することで、どこでエラーが発生するか確認しながら進めるといいでしょう。

吉報をお待ちしてます。

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です