CakePHP

CakePHP 今さらですがClassRegistryクラスのメモ

暫くぶりに CakePHP でアプリケーションを作ろうかといろいろ構想練っている。その中でユーザーに提供したシステムを更新する際、、自動アップデート機能を盛り込みたいなぁ、と思って以前ブックマークしたsdozonoさんの記事「CakePHPのワンクリックアップデート用ソースコード」を見ていたら、「ClassRegistry」なるクラスがあった。

そこで早速検索して、忘れても直ぐに参照できるよういつものようにブログにメモ。

コントローラで複数のモデルを参照、利用する際、プロパティ $uses に参照するモデル名の配列を与える。

$uses = array('Post', 'User')

ところでコントローラのアクションは、プログラムの実行に先立って $uses に登録されたモデル全てを読み込むので、モデルのメソッドを利用しないアクションでは効率が悪くなる。そこで、利用するアクションのみモデルをロードする、ClassRegistry を利用する。

$Post = ClassRegistry::init('Post');
$posts = $Post->find('all');

又は

$posts = ClassRegistry::init('Post')->find('all')

既に読み込まれていれば、ビューで利用できる。

$Category = ClassRegistry::getObject('Category');
$categories = $Post->find('list');

App::import() でも処理できるが、データベースの接続先が $default に固定されてしまい、ユニットテストで利用できないので ClassRegistry の利用をするといいらしい。

参考ページ
cakephperさん:色々なモデルからデータを読み込んでViewにセットする
bennyleeさん:ClassRegistryの備忘録
foldrrさん:CakePHP モデルの読み込みは App::import ではなく ClassRegistry::init で
hiromi2424さん:ClassRegistry徹底解剖

(CakePHP Ver.1.3.9)

追記1

ページに表示するメインナビゲーションやサイドバーに表示するコンポーネントなど、ページの主文と関係ないデータを表示したいときどうしたらいいだろうか?

解決方法の1つとして、Elements から ClassRegistry を利用してモデルのメソッドを呼び出すといいだろう。

MVCの構成から、「View から Model を呼び出すべきでない」、という考えもあるのであまり深くは突っ込まない。

追記2

デバッグ時にデータベースのアクセスログを表示する方法、すっかり忘れていた。テンプレートに

<?php echo $this->element('sql_dump') ?>

を追加する。

One comment

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です