PHP他

Windows 7 + NetBeans IDE 7.1.1 + XDebug 設定メモ

XDebug のダウンロードと php.ini の設定

PHPのXDebugエクステンションをダウンロードしてPHPのエクステンションディレクトリ(ext)へコピーする。

今回インストールしたPHPは 5.3.10 VC9 x86 Thread Safe、XDebugは 2.2.0rc1 PHP 5.3 VC9 TS (32bit)。

php.iniの最後に以下を追加。Windows 7にPHPをインストールする際、C:\Program Filesにインストールするとファイルの書き換えが面倒になるので、別のディレクトリにインストールした方が良いかも。

[xdebug]
zend_extension="C:\Program Files\PHP\ext\php_xdebug-2.2.0RC1-5.3-vc9.dll"
xdebug.remote_enable=1
xdebug.remote_handler=dbgp
xdebug.remote_mode=req
xdebug.remote_host=localhost
xdebug.remote_port=9000
xdebug.remote_log="D:\http\logs\xdebug.log

参考:PHP5.3におけるxdebugの正しい設定について

NetBeans PHPデバッガコンソール出力

短いプログラムでechoやprintコマンドで出力テストを試してみたが、ブラウザにもコンソールウィンドウにも表示ができなかった。

「ツール/PHP/デバッグ」で「デバッガコンソールを表示」をチェックする。php.iniの「output_buffering=off」を設定、とコメントがあるので4096をoffに書き直す。

apacheをリスタートしデバッグを実行してみると、デバッガコンソールに表示された日本語が文字化け。netbeans_default_optionsに「-J-Dfile.encoding=UTF-8」を追加したところ文字化け解消。

参考:HTML/CSS/PHP等のコーディングに、無料のNetBeansが快適過ぎる件

デバッグの実行が最後まで来たらブラウザにも結果が表示されるようになった。

今後の開発が快適になると良いなぁ。

Be the First to comment.

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です