旅行

はじめての沖縄 1.行ってみようか編

毎日慌ただしく過ごしているのですが、サイクルが単調でやる気モードが下降してしまいました。このやる気モードが低いと何をするのも面倒臭くなり、かといってボンヤリ過ごすこともできず、イライラした状態に陥ってしまいます。

そこでイライラを解消し、やる気が起きる状況にモチベーションを上げようと、旅行することにしました(ようは気分転換です)。旅行先は行ったことがない遠いところ(国内)で、それとリゾートを思い浮かべて「沖縄」にしようかと。

飛行機代はまともに払うと高いので、2ヶ月前にANAの旅割55Nで往復予約することにしました。時は12月、フライトは来年の2月で、羽田からの代金は17,980円なり。

しかしやる気が全然ないので何の計画も立てることなく、出発1週間前まで宿泊場所も決めずに過ごしてしまいました。

なお1つだけ、1週間とは言え遊んでばかりもいられないので少しだけ仕事をし、なおかつ英会話教室でも行こうかと考えています。

1週間の英会話教室ってあるの?

ないです。なので、インターネットで検索して問い合わせてみることにしました。

那覇市内に「English World」が検索で見つかったのでホームページを確認したところ、週に1回とかではなく1週間フルで月水金が授業、火木がカフェ形式のスケジュールで、コースも初級、中級、上級の3つありました。

場所がモノレールの駅前なのでアクセスも良いと思い、ホームページから問い合わせフォームを送信したところ、メールで「いいですよ、来る前にまた連絡してね」の内容の簡単な英文でリプライが来ました。

この辺り、日本人だと形式張ってなかなか引き受けてもらえないのですが、経営者が外国の方なのでしょうか、柔軟に対応してもらえました。

ところが、1週間前にメールしたら「祖父の誕生日で帰省しているから、来週日本に戻ったら連絡するね」だって、おいおい、来週はもう沖縄に行ってるんですが。

1週間前の宿泊所の予約は厳しかったです

宿泊先をどこにしようか検索すると、那覇市内にはホテルや価格の安いドミトリーなどが沢山あり、「旅行シーズンでもないし楽勝」と思い、1週間前までほったらかしにしました。

これがイケませんでした。さあ、予約をしようかとインターネットから検索すると、安いところはほぼ予約済み、移動するには場所の悪いところか、値段の高いものしか見つかりません。

電話したら「2月の宿泊は1月中に満室になりました。」とのツレない返事、やばい、野宿は嫌だし、ちょっと焦ってきました。

どうやら中国の旧正月(春慶節)の連休やら、プロ野球のキャンプシーズンと被ってしまったのが理由のようでした。

Booking.comを利用して到着した日はホテルのツイン1部屋、次の日から帰るまではドミトリー4人部屋を貸し切り、で予約できましたが、飛行機代ケチったのに宿泊代が高くついてしまった、というオチに。

宿泊したドミトリーです(Google)

行ったら何をしようか考えてみる

無計画と言っても現地で悩むのは時間の無駄だし、1週間をどうやって過ごすか考えてみます。

まずは「仕事」。環境としてインターネットとパソコンがあれば作業できますので、ノートPC、外部モニタ(小型11インチ)、WiFiルータを持参し宿泊先で作業します。ダメな場合はネットカフェを利用しようかと検索すると、ありました。1つクリアです。

次に「観光」。有名な首里城は必須とします。シュノーケリングとかしたいのですが、シーズンオフですので諦めます。宿泊先から日帰りであれば、レンタカーを借りて城跡を見に行くことにし、勝連城(かつれん城)、座喜味城(ざきみ城)、中城城(なかぐすく城)の城跡を巡ることにします。

時間があれば浜比嘉島まで海中道路を利用して行って見たいなぁ、とグーグルマップを見て思いを馳せます。

レンタカーは、沖縄でインターネットからトヨタのレンタカーを予約しようかと思います。

あとは行ってから考えよう。

アイキャッチ画像について
沖縄へ行ったことがない著者の脳内イメージです。足成から借りた画像でパラオのようです。

 

» はじめての沖縄 5.城跡めぐり編
» はじめての沖縄 4.市内めぐり編
» はじめての沖縄 3.英会話教室編
» はじめての沖縄 2.首里城編
» はじめての沖縄 1.行ってみようか編

 

Be the First to comment.

Leave a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です