WordPressのダウンロード補助用プラグインを作ってみた

WordPress を使ってみようと思い立ち、インストールしてから3ヶ月以上たったが、ようやく、ファイルのダウンロードとダウンロード回数を表示するプラグインを作ることができた(MTS Download Leader Plugin for WordPress)。

自分と同じように、これから「WordPressでデビュー」しようと思っている方も多いのではと思う。WordPress は Web 上に多くのドキュメントがあり、また書籍の方も充実してきたので、情報も得やすいのではないかと思う。実際、大変助かっている。

最初に自分が取り掛かった事は、このサイトでもサイドメニューに「WordPress資料」でリンクを張ってあるが、Webサイト上のテンプレートやプラグインに関する部分を読んで確認した。それぞれ分かりやすい説明なので理解は難しくない。また、フリーのテンプレートをダウンロードして、デザインをいじりながらテンプレートの構造を確認したりした。しかし、全体像はおぼろげながら分かるのだが、プログラミングするためもう少し知りたい、と思ってもどこから手を付けていいか分からず、困っていた。

そんなとき、本屋で「WordPressカスタマイズブック(藤本 壱 著)」を見つけ、目次と中をパラパラと見て、速攻でレジに向かった(^_^;)。

紙質は厚く、ページ数が多いということはない。また、自分は読んで理解できた、と言うことでもなかった。が、そこに書かれている機能について、実際にカットアンドトライで WordPress に組み込みながら動作するものを作ることで、全体像が掴め、より深く理解が進んだと思う。

WordPress を CMS として利用するため、プログラミングしたい人に薦めるなら、

  • テンプレートの構造が分かっている
  • 管理画面が使える
  • (X)HTML、CSS、PHPが分かっている

ことが望ましい。上の条件に当てはまれば、本書とWebサイト上の説明でサクサクと WordPress をモノにすると思う。

自分も、まだいろいろと理解を深めなければいけない課題がいくつもある。一人でコツコツとするのも悪くないが、近所で勉強会があればなぁ、と思うことしきりだ。ご近所のWeb屋さんで、WordPress でサイトを立ち上げてみようかと悩んでおられるようであれば、お気軽にご連絡ください。


コメント 停止中