カテゴリー : 書散らし

提案するのはコストダウンではなくメリットがあるビジネスモデル

オルタナブログに投稿している社長さんの記事を見てハッとしてしまった。オープンソースが盛んな現在、Webプログラミングではプロプライエタリでの製品提供が難しく、勢い「フリーだから低価格で導入できる」事を売り文句とする考えが、頭の中心にドッカリと居座っていた。

ここは、自戒を込めて記事を残しておこう。

SaaSとは異なった、ロングテールを狙ったWebプログラミングのマーケットは、当然金額規模が小さいので低価格でなければならない。そのため、安易に低価格をプレゼンの中心に添えて考えていたようだ。

機能を1つ1つ精査し、「お客さんにとってのメリット」を説明できるように心がけ、モノづくりを進めたいと思う。

仕事で中国シンセンへ行って来た

仕事で中国の経済特区があるシンセンへ、行く機会を得た。中国には2003年に1度、上海と無錫に訪れたことがあるだけだ。あれから反日デモや毒ギョーザ、チベット問題などがあり、あまり良い印象は持っていなかった。

さらに製造業に勤めていることから、中国は競争相手であり、経済成長の早さを見て脅威を感じている。が、今回の訪中で少し中国を冷静に見ることができた。

0926R0010026

訪中した初日は休日だったため、ホテルから歩いて地元のスーパーマーケットへ行ってみた。1階が主に食料品、2階、3階が服飾、化粧、雑貨、電化製 品など販売されていた。値段の方は日本と比較すると高くても7割以下だが、そこが都会と言うこともあり、中国内の他よりは、少し高い方かもしれない。

見て回って感じたのは、モノがあふれている、と言うことだ。お金さえあれば、しかもお金持ちでなくても、必要なものは何でも手に入るわけだ。

会社の中は、200,300人いる広いオフィッスで、各人イントラネットに接続されたPCで作業をしている。ホテルでもインターネットに接続できたが、日本 で言われるほど接続規制を受けている感じはなかった。2chの表示や書き込みもできた。反政府でなければ、さして不都合はないのであろう。

また、そこの会社で働く人たちのご厚意で、外国人観光客が行かないであろう現地のレストランへ連れて行ってもらった。今風の白を基調とした明るい 店内で、通りに面した部分はガラス張りで外から丸見えの広いレストランだった。円卓で中華料理を食べること以外は、横浜の中華街とはイメージが全然異なっ た。店内は満席で、食事に来てる人たちも若い人たちが多く、小奇麗な感じを受けた。

シンセンが急速に発展した都会と言うこともあり、欧州の石造りな街並みの重厚さと比較すると、東京など日本の都会にはるかに近い。さらに容姿は同じアジア人であり、歴史的に中国から宗教や思想を学んできたことからも、西洋人やアラブ人に感じる異質さはない。

0926R0010035

社会体制の異なる国であり、今まで色眼鏡を付けて見てたこともあり否定的ではあったが、大きなマーケットになりつつある現状を考えると、最重要国である事を再認識した。

仕事を介してどのように付き合って行ったら良いか、今はまだはっきりとした道筋は見えない。しかし出遅れはしたが、できる限り早く舵の取り直しをして行きたいと強く感じた。

2008年を迎えて

gajo賀状明けましておめでとうございます。

幾つになっても新しい年を迎えるのは嬉しくてそわそわした気分になります。特別な何かがある訳ではありませんが、(何に対しても)気持ちを入れ替えて取り組んで行けるところが良いですね。仕切り直しに持って来いです。

本年も昨年同様、必死な形相で過ごして行くつもりです。できれば昨年よりも多くの成果は上げたいですが。

皆様にも継続して行くこと、新規に取り組もうとすること、諦めて撤退することなど様々があると思います。一人一人は孤独な挑戦者ですが、多くの挑戦者の一人でもあるのでお互い切磋琢磨して進みたいものです。

本年も宜しくお願いします。

満期学資保険、健康祝い金の受取りで

学資保険が満期になったので、その受け取りに郵便局に行った。掛け金とその5%ほどの健康祝い金である。自分と子供の保険証、印鑑、証書を携えて 行った。自分が契約者本人なので、掛け金の受け取りは問題ないと思ったが、健康祝い金の通知には、子供が受取人として記載されており、受取人以外の者が受 け取る場合は、委任状が必要であると記載されている。契約者本人である「親の俺さま」が行くのだから、問題なく受け取れるだろうと思ってお昼休みに、郵便 局に出かけて行ったのだが。

いやぁー、待たされた。郵便局の人も時間通りに食事をされるらしく、窓口は1つしか開いてない。そこにおばあ様、おじい様、主婦の皆様がどっと押し寄せるので担当者の方もてんてこ舞い。

昼 食の時間もとうに過ぎ、「無断外出」のまま、とにかく手続きを済ませた。結局、健康祝い金を受け取ることができなかった。「本人が行かなかったから?」、 いえいえ、そうではありません。本人が行っても未成年者ということで、受け取れないそうだ。では、「何故?」。答えは「親権者」の証明が必要なのだそう だ。住民票を持って行くか、配偶者の保険証も合せて持って行かなくてはダメだということだった。「何故、親権者の俺さまだけじゃあダメなんだ?離婚してい たら片方だけだろ。」と、突っ込んではみたのだが。

そうならそうと、通知書に書いといてくれよ。委任状としか書いてなかったぞ。住民票を取りに行くのも面倒くさいので、「じゃあ、委任状は?」ということで委任状用紙をいただいたら、そこの法定代理人のところに両親の名前を書き、しかも実印と印鑑証明書を持って来い、と。

「おい、こら」、余計面倒になっているじゃないか。結局、大した掛け金でもない、その5%ほどの健康祝い金は、別途請求書類を準備し、東京の方で事務手続きをしてからもらえることになる。その手続きにも、子供と両親の保険証を持って行かねばならない。

満期の学資保険金と健康祝い金を受け取る時は、証書と印鑑、そして子供と両親の3枚の保険証を忘れずに。

ボンバルディア社の飛行機で九州へ出張

九州出張で、信州まつもと空港から福岡空港まで日本エアコミューター(JAL)の飛行機を利用した。最近、車輪が出ない事故がドイツで発生した、カナダのボンバルディア社の飛行機である。

帰 りのとき、離陸して高度が数百メートルぐらいで突然、左のエンジン部分からカバーが共鳴したような大きな音が、1,2秒ぐらいだとは思うが、聞こえた時は 心臓がバクバクしてしまった。プロペラ機なので、ジェット機よりは安心感はあるのだが、飛行機事故は続くことが多いので敏感になっていたと思う。

コ ンパクトで、静かで、スピードも速いし、運賃がもっと安ければいいのだが。乗る人が少ないのは、運賃が高いことも影響していると思う。以前のジェット機と 同じ運賃はいただけない。ところでこの飛行機、座席を見ても車のシートよりも安っぽく、コストダウンを頑張っているのがよく分かる。

仕事の方は恙無く済み、また博多もおらが村と比較して大都会で、とんこつラーメンも美味しく良かっただけに、飛行機の印象が大きかった出張だった。

行きは、高度20,000フィート、速度500km/h
帰りは、高度25,000フィート、速度700km/h