カテゴリー : WindowsTips

Windows XP のバックアップデータを Vista で復元するには

Windows XP のデータをバックアップするには、[アクセサリ]-[システムツール]-[バックアップ]でバックアップユーティリティを利用する。今回そのツールで作成したバックアップファイル「Backup.bkf」を、Vista 上で復元するのに復元ツールのインストールと設定が必要だった。これはその備忘録です。

ファイルのダウンロードは以下から。

Windows NT バックアップ/復元ユーティリティ

インストールを実行する前に、「リムーバブル記憶域の管理」を ON にしておく。これがよく分からず、そのまま実行したら次のようなエラーが表示された。

「リムーバブル記憶域の管理」は Vista にデフォルトで登録されていないので、コントロールパネルの[プログラムと機能]を使って機能を有効化する。「プログラムと機能」を開いた左側サイドメニューの[Windows の機能の有効化または無効化]を実行すると、一覧表がしばらく時間を置いて表示される。スクロールして下の方を見ると、以下のように「リムーバブル記憶域の管理」があるので、チェックボックスにチェックを入れ[OK]ボタンを押す。

作業が終了するまで少し時間が掛るので、気長に待つ必要があります(^_^;)。
あとは復元作業を行なえばOK。

Microsoft の昔のバックアップツールがフロッピーしか使えなかったような記憶があり、潜在的に「使えない」というイメージが強く残っている。Windows NT になってバックアップをスケジュールできるようになり便利になったはずなのに、アーカイブファイルを復元させる手間があり、今でも「使えない」イメージが消えない。しかしスケジュールすれば夜中に自動実行できるので、お金を使う必要もないかと思う。

Windows XP Professional で Telnetサーバを起動して利用するには

Windows XP が動作している PC に、Telnet で接続しようなんて今まで必要もなかったが、その機会がたまたま生じた。利用することは稀だと思うが、ブログのネタにしておこうかと。

Telnetサーバは、Windows XP の Professional バージョンには予めインストールされているので、それを起動すればよい。Home Edition には残念ながらインストールされていないので、別途サーバプログラムをインストールしなければならない。

それでは、利用できるまでの手順を。

まず、Telnet サーバを起動する。これは、[コントールパネル]-[管理ツール]-[サービス]を起動し、Telnetサーバが動作するようにスタートアップの種類を、「無効」から「自動」または「手動」に変更する。

次にサービスを起動するため、コマンド「tlntadmn.exe」を実行すればよい。パラメータがなければ状態が表示され、「start」または「stop」でサービスの起動、停止ができる。

telnetクライアントでは、漢字コードや行末の設定に注意を。また、Vista の telnetコマンドで接続する際、ログインで「パスワード情報を送信するか」聞いてくるが、XP側でパスワードを設定していない状態で「yes」とするとコマンドが終了してしまうので、「no」を選択する。

telnetの認証はパスワードをネットワーク上にそのまま流すので、パケットキャプチャで簡単に見られてしまうため、今は公で使われる事は少ないと思う。

Windows7 エクスプローラのメニュー、フォルダオプションはどこ?

XP から Vista に切り替えたとき、エクスプローラのファイル一覧で拡張子まで表示するよう設定変更しようとしたところ、「あれ、メニューバーがないし?」と迷った事があった。Windows7 も Vista と同様なスタイルなので、今後の XP からの切り替え作業で毎度迷子にならないための備忘録です。

フォルダオプションの設定は、メニューバーのツールメニューにある。なので、非表示のメニューバーを表示するようにすればよい。方法はエクスプローラを起動して、下図のように [整理]-[レイアウト] で [メニューバー] を選択すればチェックされて表示されるようになる。

メニューバーが表示されるようになった。オシャレじゃないけど (;´д`)。

Windows 7 システム領域(C:)を分割してDドライブを作る

パソコンをダイレクトで購入する際、構成をフレキシブルに指定できるので便利だ。その中のHDDであるが、容量が大きいのでシステム用とデータ用にドライブの分割をしたいのだが、コスト削減の影響か手数料が必要とのこと。仕方ないので自分ですることにした。

先日、「Windows Vista システム領域の拡張」で、C: 80G、D:800G、E:14GB で Cドライブがきつくなったので、Dドライブを縮小して Cドライブを拡張できないか、とのお問い合わせをいただいたのだが、Eドライブがあったので「できないと思う」と答えてしまった。

今回購入したPCは、C:290G、D:7.2G(HP FACTORY_IMAGE) で、HDDのお尻の方にお問い合わせいただいた方と同じように、リカバリ用の領域が確保されている。果たして、リカバリ用 Dドライブを削除せず分割できるのだろうか?

以下に作業手順を記述します。Dドライブを削除せずともできました。お問い合わせいただいた方には、誤った情報をご提供して済みませんでした m(_ _)m。

先ずは、[コントロールパネル]-[管理ルーツ]-[コンピュータの管理]を実行し、[ディスクの管理]を選択してドライブの割り当てを見る。Cドライブを選択し右クリックするとメニューが表示される

分割は、ボリュームを縮小して空いた領域に新しくボリュームを指定すれば良い。メニューから「ボリュームの縮小」を選択する、以下のようなサイズ指定のダイアログが表示される。今回は、プログラムが提示してきたサイズ(計算は半分のようだ)をそのまま利用することにした。なお、この処理を実行する前に Cドライブの最適化を実行しておいた。

縮小処理が終了すると Cドライブの後ろに「未割り当て」領域ができるので、その領域を選択し右クリックしてメニューから「新しいシンプルボリューム」を選択し、ドライブ記号を決めて実行する。C、Dのように連続した記号にしたかったので、ボリュームの作成に先立って他のドライブ記号を変更しておいた。

こうして、Cドライブを分割して新しく Dドライブを構成したものが、次のように出来上がった。ドライブ記号を変更したので、ドライブ記号を直接指定する処理は影響を受けるので注意して下さい。

Windows Vista システム領域(Cドライブ)の拡張(パーティションの仕切り直し)

Windows Vistaを導入する際、システム領域(Cドライブ)に30GB割り当て、残りの120GBをデータ領域(Dドライブ)とした。Vistaを利用し始めて から3年目になるが、「残りの領域が少ない」ようなメッセージが表示されるようになり、いつの間にかシステム領域の空き領域が1GBを切るようになってし まった。領域は、簡単に変更することができるのだろうか?

XP以前であれば、パーティションの仕切り直しは専用のソフトを購入するなどしなければならなかったが、Vistaではコントロールパネルから管理ツールを選択し、「コンピュータの管理」を利用することでできたので、便利になったなぁ、と感心した。

0422diskkanri

さて、自分が実際に行った操作を簡単にメモしておく。手順は以下の通り。

  1. Dドライブの中身を、USB接続の外部ドライブにコピーして退避する。
  2. [管理ツール]-[コンピュータの管理]を起動し、[ディスクの管理]を選択する。
  3. マウスをDドライブ上にし、右クリックから[ボリュームの削除]でDドライブを破棄する。
    登録されているデータは2度と利用できなくなるので注意。
  4. マウスをCドライブ上にし、[ボリュームの拡張]を選択し、拡張する容量を指定する。
  5. 未使用となった領域を、改めてドライブとして利用できるように設定する。
  6. フォーマット後、退避したデータをコピーして元に戻す。

今回は外部ドライブを利用したが、外部ドライブを利用しなくても可能だ。それは、Dドライブで[ボリュームの圧縮]を利用して空き領域を作り、空いた領域をドライブとして利用できるようにし、そこに退避するなどすればよい。

圧縮の際、システムから小さくできるサイズが決められてくる。それにより、自分が思うようにするためには、少し手間がかかるかも知れない。

なお、このツールでの「圧縮」とはデータの圧縮ではなく、領域を小さくすることを意味しているようだ。勘違いしたよ(^_^;)。