カテゴリー : 山歩き系

2009-04-12 十文字峠から甲武信ヶ岳、西沢を下山、日帰り山行

昨日は、勝沼で29.1度の夏日を記録、山梨市、笛吹市一帯の桃畑は一面濃いピンク色に染まって、この時期ならではの景色を、丘の上にあるフルーツ公園から堪能した。のだが、今日は一変、残雪期の雪山をひたすら歩いた一日だった。

0411fruitpark 0412bunki

山梨県、長野県、埼玉県の3県にまたがる甲武信ヶ岳(2475m)を、春山の残雪期に日帰り山行を強行した。無雪期のコースタイムは9時間半、6時 に出発すれば、15時半頃には戻ってこれる。日照時間も長くなってきたので、多少遅くなってもヘッデンを使うこともないだろう、と高を括っていた。

結局、毛木平駐車場を5時50分出発、17時帰着と11時間も行動しなければならなかった。残雪期と言っても、舐めてかかってはいけなかった。

駐車場を出発してから10分ほどで、十文字峠への標識がある分岐点に付く。そこを左へ入り、十文字山からの沢沿いの登山道を進む。途中で沢から離れ、八丁坂ノ頭へ尾根の北面を急登する。登山道は雪道と言うより、アイスバーンでツルツル、途中でこけて痛い思いをした。

この時期、訪れる登山客はいないのであろう、十文字小屋は閉じていた。アイゼンを装着、おにぎりを食べてエネルギー充填。甲武信ヶ岳へ向かう。

0412RIMG0047

十文字小屋からの尾根道は、大山、武信白岩山、三宝山と2200~2400mの山々の登下降を繰り返しながら進んで行く。その間、雪に足を取られながら歩いていかねばならない。

0412RIMG0055

特に辛かったのは、白岩山から尻岩のあるコルへ下降した後、三宝山まで雪の林の中を延々と登って行かねばならなかった所だ。なだらかな雪の登り坂が ずーっと続いているのには参った。幸い、下界の雑事でしばらく頭が取られていたため、その間は意識せず登って行くことができた。

0412RIMG0060

三宝山に着くと、目前に三角形の甲武信ヶ岳が現れた。岩の上で、甲武信ヶ岳を眺めながらしばし休息。甲武信ヶ岳から右手の方へ、金峰山方面へ尾根が続いている。尾根の途中、あのあたりから西沢へ下って行くのかな、と下山ルートを検討してみる。

0412RIMG0061

三宝山から甲武信ヶ岳は、歩いてみると見た目ほど遠くは感じなかった。ただし山頂直下は、かなり急な雪の斜面を登らなければならなかった。12時 50分、甲武信ヶ岳2475mの山頂へ到着。木のベンチがあったので、そこで荷物を広げお湯を沸かしたりして、しばらく休息する。昨日に続いて今日も天気 が良く、山頂の風はそれほど冷たく感じなかった。なので、下界はさぞ暑かったことだろう。

0412RIMG0066

13時20分急な斜面を下降、山頂から離れる。20分ほどで千曲川源流の西沢への分岐点へ到着。案内板は、首まで雪に埋もれている。ここからの西沢は、北面に位置するため、残雪の量も半端ではなかった。

千曲川・信濃川水源地標も首まで雪に埋もれている。他の人の山行ブログの写真と比較してみると面白いかもしれない。

0412RIMG0071

5歩から10歩に1歩は、ズボッと足が雪の中に埋まり、そのたびに引き抜かなければならなかった。アイゼンを付けていると、雪がくっ付いて足が疲れ るので、外して行くことにした。雪がしっかりしていれば、グリセードでもシリセードでもしてスタコラ下山できるのだが、そうも行かなかった。

水源地を後にすると、いよいよ沢に水が流れ始め、水量も下山するほど多くなって行く。ルートが沢を渡り返したりするのだが、ブリッジを踏み抜いたり して危ない思いをした。また、沢の左岸を高巻いて雪の斜面をトラバースする部分などあり、トレースがなかったら自分がどう進むか悩んだろうな、と思った。

0412RIMG0075

ナメ滝を過ぎ、しばらく行くと、ようやく雪が切れた。後は、歩きやすい登山道となった。時折凍った箇所に気をつければそれでよい。足も疲れ、すっかり飽きたころ駐車場に戻った。今日も誰一人として会うことのなかった山行となった。

0412map


毛木平駐車場(6:50)-十文字小屋(8:05)-大山(8:50)-白岩山(9:50)-尻岩(10:30)
三宝山(11:55)-甲武信ヶ岳(12:50)-千曲川水源地(14:00)-ナメ滝(15:30)-毛木平P(17:00)

2009-03-21 日向山から鞍掛山(2,037m)へ

甲斐駒へのバリエーションルートで、あまり知られておらず、大変マイナーなルートに日向八丁尾根がある。鞍掛山はその途中、駒岩から南側に相対して いる山である。なお、日向八丁尾根は駒岩からさらに進み、大岩山を越えてからとなる。大岩山からの下りでは、懸垂下降があるため一般向きではない。松濤明 が昭和25年(1940)の2月に、伊那の戸台から甲斐駒を経て烏帽子を越え、そしてこの大岩山を登り返している。

鞍掛山は、日向山から錦の滝への分岐で、そのまま岩の間を登って稜線を進んで行く。

0321RIMG0002

痩せた尾根を進んで行く。ルートは、最近の陽気で解けた雪が凍った氷で覆われている。ピッケルをバイルのように打ち込み、足を木の根元や凍った固い 土に置き慎重に登る。小さなピークを越えて下って行くと、シカの家族が右手の笹藪へ逃げて行った。シカのいたコルでアイゼンを装着する。

コルから正面の急斜面を登って行くと、そのまま尾根を上がらず、左の沢筋をトラバースする場所がある。ルートには標識など一切ないので、赤布やテー プなどに注意しながら進まなければならない。目安は、西側甲斐駒の方の尾根を行くことである。ただし、帰りは下り過ぎてしまう可能性があるので、このトラ バースへの戻りに注意しながら下る必要がある。

トラバース後も雪や凍った急斜面を、息を切らせて登って行く。登り切ると、樹林に囲まれた気持の良い尾根が待っている。一休みしておにぎりを食る。

0321RIMG0004

左側が切れ落ち、籔っぽい尾根を進んで行き、斜面がなるくなってくると駒岩である。周りを見渡しても何もない。

0321RIMG0013

ここから鞍掛山の往復が、今回一番大変だった。無雪期であれば30分ほどで行ける鞍掛山まで、雪と氷で片道1時間ほど要した。

駒岩から南斜面をコルまで下って行く。無雪期では、コルから右へ巻きながら急斜面を登って行くのが、ルートのようである。それを正面の雪の急斜面を 直上した。表面がクラストしており、踏み込むと股下までもぐる。木につかまりながら、強引に体を上げて行く。しばらく急斜面を登り、右の方へ巻けるように なったので巻いて進み、なるくなったところで鞍掛山頂上となった。ここは展望がまるでないので、さらに先へ下り、登り返すと正面に甲斐駒ケ岳が屹立する展 望台となる。

0321RIMG0028

0321RIMG0026

お昼を食べ、お茶を飲み、景色を十分堪能した。鞍掛山は、かなりマイナーな山なのだろう。今回は、誰とも出会うことがなかった。

帰りのルートは、日向山の方まで戻らず、途中から下ってみた。たぶん地図上、赤い線のような感じで下ったのだと思う。

0321map

今考えてみると、巻き道と勘違いしたのだと思う。途中で引き返すかどうするか何回か考えたのだが、支尾根上の木に結構古い矢印の看板を見つけてし まったため、取り敢えず下った。するとやはりペンキがはげ落ちた看板でわずかに「不動の滝」と読めたため、多分大丈夫だろうと思い下った。すると支尾根は 終わり、5,6mの高さの岩の上に出てしまったので、左側斜面へ思い切って登ることにした。すると、ほどなく日向山のハイキング道に出た。鉄階段まで10 分ぐらいの距離だった。

以前はルートがあったのだろうが、今や人が通らないため岩はコケむし、看板も朽ちてしまっている。こんなルートをドキドキしながら歩くのも、また楽しいものである(熊に遭わなくて良かった)。


矢立岩P(6:30)-雁ガ原(8:00)-鞍掛山(10:45)-展望台(11:00)
駒岩(12:20)-錦の滝(14:20)-矢立岩P(15:00)

2009-02-21 雪の茅ヶ岳南稜(防火帯尾根)

茅ヶ岳は、名前を知らない人はいない、というほど有名な山であるが、山頂から南西寄りに伸びる尾根を登る人は意外と少ない。木曜日夜半から金曜日にかけて降った雪のおかげで、足跡のないその尾根の登りを楽しむことができた。この季節は、枯木立のため明るく、南アルプスを背にどんどん高度を稼いで行き、気持の良い山登りを楽しめる。山頂へは、2時間半から3時間で立てる。

0221RIMG0127

尾根道へは、駐車場から登り始めて30分ぐらいで林道に出た後、横切ってそのまま登らずに林道を左へ行き、尾根道の入り口の標識が立っているので、そこから登って行けばよい。

茅ヶ岳の山頂に立てば、八ヶ岳、南アルプス、富士山、金峰山、そしてお隣の金ヶ岳と360度景色を楽しめる。下の図は、デジカメで撮った南アルプス方面の、カシミールを使って作った3D表示画像との比較である。

0221RIMG0134

0221kashikaya

富士山も輝いていた。

0221RIMG0137

駐車場を7:10出発、9:30山頂、11:20下山。

2009-02-11 尾白川林道錦の滝から日向山、矢立岩へ下山

登山道に「ハイキングコース」なる看板があちこちに付けられた、距離が短く、登る時間もそれほどかからない、リハビリ登山の最初に持って来いのルー トだ。駐車場からすぐ登山道に入ってだらだらと登って行くコースと、そのまま林道を突き進み、錦の滝から急登するコースの2通りある。もちろん、ピストン してもいいし、グルリップでもOKだ。

昨年夏、阿弥陀岳南稜の帰り道で足をくじいてしまい、それ以来山から遠ざかってしまった。山登りは、間を空けると途端に行く事が億劫になる。

今日は、錦の滝から登ることにした。

0211RIMG0115

錦の滝は、屋根のある休息所があるのですぐわかる。ここまでおよそ30分、ここから雁ガ原まで急なので、下るより登りで利用し、下りは矢立岩の方へのだらだらと下れば足への負担が軽い。

0211RIMG0118

錦の滝から1時間ほど登ると、白ザレの急斜面に出る。この上の雁ガ原は、雪で覆われていた。小渕沢から見ると、山の斜面が真っ白で、夏でも雪と見紛う。

0211RIMG0123

景色を独り占めにして、おにぎりを頬張った。ここから登山道を1時間ほど下れば駐車場だ。

下りは、思ったより登山道に雪が残っていた。北東面なので解けにくいのかも知れない。1660mの三角点を確認し、下山した。下山後の温泉は、「尾 白の湯」に寄ろうと思ったのだが、入浴料700円なので今回はパスして、市内300円の「百楽泉」にした。この景気で、フトコロが氷点下と、滅法寒いので した(T_T)。

2008-08-26 北鎌尾根縦走、槍ヶ岳へ その4 上のチムニーを登り山頂へ、そして下山

その1 水俣乗越から北鎌のコルへ
その2 北鎌尾根のコルから独標まで北鎌尾根前半
その3 独標から山頂直下のチムニーへ北鎌尾根後半

いよいよフィナーレを迎える。

下のチムニーを這い上がった所から少し登ると、上のチムニーに出る。ここは取り付き場所が少し広いので、引いてデジカメで撮ることができた。

0726R0010567

上のチムニーは壁の右側を使って、気持ち良く登ることができた。

登り始めがやや掴みどころがなかったが、一段上がってしまえば、それも解消し、後は力任せに登ってしまえば良い。

独標のトラバースルートの上へ登るチムニーよりは、こちらの方が易しいようだ。

上へ登ってからは、ネットの記録などで「後は、白い杭に導かれ・・・」山頂へたどり着けるような事が書かれていたのを思い出し、あちこち見まわしながら登って行った。

するとすぐに左上の方に、探し物が見つかった。

0726R0010570

あそこへ上がり、山頂の祠の横へ登り出れば、北鎌尾根縦走も終わりとなるわけだ。

と言って、別に後ろ髪を引かれることなく、とっとと山頂へ登って行った。ちょうど祠の前でデジカメを撮っている人がいたので、挨拶して山頂へ上がった。時刻は12時、360度ガスで視界は利かず、登山客も他にいない。

しばらくしてN氏が上がってきたので、お互い握手をして、無事登頂した事を祝った。

ときおりガスの切れ間から、肩の小屋が見えたり、大喰岳の方が見えたりした。天気が回復に向かっているのだろうか?

0726R0010578

少しずつ山頂に人も増え始め、デジカメで撮ってもらったりした後、山頂を後にして肩の小屋へ下った。

この後気力があれば、南岳まで行ってテン泊しようかと考えていたのだが、緊張感が解けたのだろうか、疲れも出てきたし温泉にも入りたくなったので、N氏と別れ槍沢を下山することに決めた。

皮肉なことに下山を始めると、ガスの切れ間から陽が当たったり、眼下の槍沢の展望がハッキリしだした。

殺生ヒュッテが目の前に見えるのだが、なかなかこのつづら折りの下りをサクサクと下れない。以前、雨の中をヒイヒイ言って登った時の事を思い出してしまった。登っている人にとっては、肩の小屋が見えるのになかなか着かないから、大変だろう。

0726R0010580

自分の方は、肩の小屋が混んでいたため、ほとんど休まず下り始めたせいか、疲れが出てきた。

今日温泉に入るなら、どんどん下らなければならないのだが、足はちっとも進まない。

振り返ってみると、雲の切れ間の青空に槍の穂先が突き出ているのが見えた。

0726R0010582

殺生ヒュッテに着いたら、一休みしよう。

小屋でペットボトルのジュースを買い、小屋にある景色の良いベンチでお昼にしようとしたが、風が強かったので、小屋の横にあるベンチに移動してバーナーを使ってお昼にした。

靴と靴下を脱ぐと、昨日の雨で濡れたままの足が白くふやけていた。

1時間ほど休息し、殺生ヒュッテを後にした。既に2時を回っている。7時半までに上高地まで下るのは、絶望的だ。それでも、濡れた状態で標高の高い所でテントを張るよりは、できれば徳沢園の草地でテントを張りたいものだ。

0726R0010587

長い長い槍沢の下りを歩く。

土曜日のせいか、団体の登山客が多い。挨拶をすると、お隣の国の言葉が返ってきた。海外ツアーで槍ヶ岳登山なわけだ。自分も海外の山へ登ってみたい と思っているが、ヨーロッパや北アメリカなら小屋の設備も良いだろうが、中国や台湾はどうなのだろうか?いずれ機会があれば、是非マッターホルンを登りた い、なぁと。

坊主の岩屋を過ぎ、雪渓を下り、天狗原への分岐を過ぎ、水俣乗越への分岐に到着した。遠い昔のようだ。

足の裏がとても痛く、膝もガクガクニなってきた。ババ平に到着すると、テン場は溢れんばかりのテントで埋まり、どのグループも夕餉を取っていた。疲 れもピークになり、そろそろどこで泊るか考え始めた。この下のテン場は、横尾まで下らなければならない。徳沢園まで行きたいが、横尾についてから考えるこ とにしよう。

ババ平を出発し、槍沢ロッジで一息入れる。小屋泊まりの人たちが、夕食後の夕涼みに外のベンチでビールを飲んでくつろいでいる。もうひと頑張りだ。

槍沢ロッジを出た後、さすがに登って行く人には出会わなかった。二ノ俣、一ノ俣を越え、下り斜面もぐっと緩やかになり、ちらっと横尾山荘がみえたとき、今日はここにテントを張ろう、と即決した(;´д`)。

日没まであまり時間がないので、そそくさとテントを張り、夕食の用意をして食事を取る。お茶を入れて、今日の山行を思い浮かべ、大きな満足感を感じる。雨も降ることなく、屏風の頭の向こうに日が沈み、少しずつ夕闇が迫ってくる。

夜は、カッパを着こむほど寒くはなかった。疲れからか、何度も目が覚めた。翌朝は、4時半に起床、朝食後テントを撤収、上高地に向かった。

この時間に下山する人もなく、もくもくと歩く。途中、以前5月に来た時だったか、猿がいたなぁ、と思いだしていたら、突然音がしたので前方を見ると、何と猿が林道の反対側を歩いてこちらに向かってくる。思わず、身構えながら通り過ごした。

上高地に7:45に到着。バス発着所に行くと、もう直ぐ沢渡行きのバスが出発する。下山届けを出そうと思って行くと、下山届けは出さなくても良い、と書かれていたので、バスの切符を買って乗車、直ぐに出発となった。バスに乗っているのは、わずか5人である。

0726R0010595

沢渡に到着後、いつものように温泉に入り、汗を流した。9時前にもかかわらず入浴できたので良かった。

いつかは登りたいと思っていた北鎌尾根であったが、再び挑戦できる日があるだろうか?これからも山を登り続けたいものだ。